おすすめ情報をお届けするブログ

KentLog

アルバイトをスムーズに辞める!おすすめの理由と辞めるコツ

投稿日:2019年1月30日 更新日:

手帳と小物

「アルバイトなんてすぐ辞められるだろ!」と思っていたこともあるけど、バイト先によってはやたら引き止められたりして面倒だった経験もある。そんな経験のせいか、「スムーズにアルバイトを辞める為の”理由”」や「希望通りに辞めるコツ」を身に付けたつもりの僕。

そんな知識や知恵が、「アルバイトを辞めたいのに辞められない!」という学生やフリーターなどの役に立つかもしれないと思い、ここに書き残しておくことに。

辞める時の理由!スムーズにバイトを辞める為に

そもそも、退職するのに明確な理由なんて必要ないのだが、人間的な部分を考えると、理由付けはした方がスムーズ。そして、別に本当のことを言う必要はないと僕は思っている(大声では言えないが)。だって、志望動機だって嘘が多いんだから、別にいいじゃんか。

※辞める理由は、「引き止めにくいものを考えること」が大事だと思う

次の仕事(就職でもバイトでも)が決まったので辞めます|これが一番おすすめの理由

  • 次の仕事の開始日が一ヶ月ちょい先だと完璧
  • 相手も引き止めにくい最強クラスの「辞める理由」
  • 別に本当である必要は・・・

「退職は一ヶ月前までには言ってね」としている会社が多いので、次の仕事が一ヶ月先くらいから始まると隙がない。大声では言えないが、求人サイトでテキトーな会社を見付けて名前を覚えておけば、本当に決まっていない時でも役に立つ。

正直な理由を伝えて「もう無理です」|正直に理由を言うのもあり

  • 人間関係が悪いのでもう無理です。辞めます
  • 仕事が辛いのでもう無理です。辞めます
  • ここのバイト代では生活が苦しいのでもう辞めます

「辛い系」の理由の場合、「もう無理です」と付け加えないと、「改善するから、待ってくれない?」とか余計な引き止めが発生する場合があるかと(深刻そうな演技をするのが大事)。
「ここのバイト代では苦しい」は、バイト先では解決できない問題なので、これも最強クラスの「辞める理由」かも。

家庭や学校などの事情で辞めます|いい理由が思い付けば

  • 学校が忙しくなったので辞めます
  • 就活で忙しくなるので辞めます
  • 親の介護が必要になったので辞めます

嘘だとばれやすい性質もあるのでとりあつかい注意だが、なんかいいのが思い付けば使えるかも。

引越しするので辞めます|本当だったら最強の「辞める理由」

  • ここには通えなくなるので辞めます

これで引き止めてくるような上司は、かなり無能な管理者の可能性が高いので、相手にする必要ないでしょ。ただし、これは本当じゃないとばれやすいけど。まあ、バレたところで特に問題はないんだけども。だって、「中止になった」とかで誤魔化せるじゃん。

スムーズにアルバイトを辞めるコツ

「辞めたい」じゃなくて「辞めます」と伝える

  • 「辞める」と決めたなら「辞めます」でいい
  • 「辞めたい」だと反論の余地がありすぎる

「辞めたい」と伝える人はやたら多いが、僕の経験上、「辞めたい」よりも「辞めます」と直球勝負した方が、相手が引き止めてこないケースが多かった。それに上の「もっともらしい理由」を付ければ、相手も引き止めにくくなるだろう。

法律上は「退職届を出して最短で二週間」で辞められる

  • 書類を出すなら「退職願」よりも「退職届」の方が強い
  • 「退職届を提出してあとは病欠で退職」ですぐ辞めることも可能
  • 法律を武器にできればブラックバイトも怖くない

そこまで険悪ムードじゃないなら、ここまでする必要はないかと思うけど。しかし、「ブラックバイト」と疑われるようなバイト先なら、法律を武器にするのは強い。拒否られる場合は、労働基準監督署に相談することもできる。

基本、法律を破る会社は「頭のいい人」が嫌いなのだ。もし、あなたがこれから社会に出る学生さんなら、「労働基準法」は勉強しておいた方がいい。マジで。

「人が足りなくなるから困る」は管理者の問題

  • それはしたっぱの従業員の問題ではない
  • 組織管理はそもそも上の仕事
  • それを理由に引き止める上司は無能

他から引っ張るなり、すぐに募集をかけるなり、対策はいろいろあるわけだ。そんなことは、「辞める人」、そもそも「バイト」には全く関係のない問題。そんな理由で引き止められても、「私には関係ありません」という態度を取るべき。そうじゃないと、いつまで経っても辞められないと思う。

「辞めさせない」ということはできない

  • 辞めるのは労働者の自由
  • 「職業選択の自由」をお忘れか?
  • 最後は法律を使えば勝てる

やめさせてくれないなら、退職届を出す。受け取らない場合は内容証明郵便を使うか、労働基準監督署に相談する。そもそも、「辞めさせない」とかいう人は、勉強してない残念な輩だ。相手にする必要なんてない。

まとめ|アルバイトを辞めるのに使える理由と辞めるコツ

バイトをスムーズに辞める為に使える理由としては、

  • 次の仕事が決まったので辞めます
  • 正直な理由を伝えて「もう無理です」
  • 家庭や学校などの事情で辞めます
  • 引越しするので辞めます

あたりが、僕が手札として持っている「万が一の時に使える武器」。バイトをスムーズに辞めるコツは、

  • 「辞めたい」じゃなくて「辞めます」と伝える
  • 法律上は「退職届を出して最短で二週間」で辞められる
  • 「自分には関係のない問題」を見極める

というところ。最悪、「バックレ」でもいいと僕は思うんだけど(所詮バイトだし)、それを大声では言えないで、あえて含めていない・・・。

余談だけど、日本社会は怖いもので、「給料が安いんだからそこまでしなくていい」などの「労働対価」を考える人が異常なほど少ない。何が「お給料を頂いているんだから」なんだか(だから日本人はお金を稼ぐのが苦手な人が多いんだろうけど)。

給料が安いアルバイトにも、正社員並みの仕事を要求してくる会社も少なくない日本。割に合わないアルバイト、働きたくないバイトなんてすぐに辞めてしまった方がいいと思う。

-仕事

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.