学ぶべきお金の知識|お金に強くなるには何を勉強すればいいか

更新日:

お金とじゃがいもを天秤にかける

僕は二十歳の頃に「お金」の面白さに目覚め、10年以上お金の勉強をしてきたので、ここいらで「お金の初心者におすすめのお金の知識」でも厳選してみようかと。目的は、「お金に強くなること」に絞ってみる。

お金の知識を学ぼうとすると、

  • お金の稼ぎ方
  • お金の使い方
  • お金の貯め方
  • お金の増やし方
  • お金の借り方
  • 税金の知識
  • 経済学

などなど、この他にもたくさん学ぶことが出てくる。そして、これらをもっと細かく分類すると「投資」「クレジットカード」「マクロ経済学」などなど、勉強すべきことがもっと多いことに気付く。それらも細かく分類でき・・・と、お金の知識は、実はかなり奥が深いことに気が付いた。

僕もいろいろ勉強してきているけど、まだまだ学ぶべきことは多い。

しかし、ある程度は知っているつもりなので、ここでは「お金に強くなりたいなら、初心者はとりあえずこれを勉強してみるといいよ」と思った「お金の知識」を厳選しておく。

お金の初心者におすすめしたいお金の知識5選

簡単な経済学|初心者がお金を知る為に大切な知識

  • 「物価」の知識があるだけでもオッケー
  • 初心者は「入り口」だけでも十分
  • 社会情勢を正しく見る為に

例えば、額面だけを表した「名目賃金」ではなく、物価変動も考慮した「実質賃金」を見ないと意味がないような。政府は、国民の大半がこういうお金の知識を持っていない為か、ちょっと舐めたデータを公表することがあるように感じる。

政府に騙されない為にも、「お金の仕組み」をある程度知っておいた方がいいかと。それが「政治への関心」に繋がり、日本がもっといい国になればいいなと。そういう願いも込めて。

経済学はかなり奥が深いが、初心者が簡単に勉強する程度なら、池上彰さんの「やさしい経済学」という本が個人的におすすめ。

資産と負債の知識|初心者がお金を上手に管理する為に

  • これがわからないとまともな家計管理ができない
  • 金持ち父さん理論推奨

「収入と支出のバランス」は、家計にダイレクトに響くので考慮している人が多いだろう。しかし、「資産と負債のバランス」を考えている人は少ないように感じる。

会社では「資産と負債のバランス」を集計するのが当たり前なのに、なぜかそれを無視する家計が多い。「金持ち父さん」の本の中では、やたらと資産と負債について書かれている。

個人的には、金持ち父さんの本で書かれている「資産はあなたのポケットにお金を入れてくれる。負債は、あなたのポケットからお金を奪っていく(若干うろ覚え)」という考え方が好き。

それに、会社では、資産よりも負債が多い「債務超過」が問題になることもあるのに、一般家庭では完全に無視されていることが多いのも個人的に問題だと思う。

真に「安定した家計」を実現する為に、「資産と負債」は欠かせないお金の知識かと。

お金の稼ぎ方|意外と学ばれていない知識?

  • お金は稼ごうとしないと稼げない
  • お金を稼げれば大抵の問題は解決する
  • ただし、勉強すれば必ず稼げるわけでもない

日本は、「いい会社に就職すれば稼げる」「頑張っていれば給料が上がる」という考え方が未だに残っているフシがある。まあ、その考え方も完全に間違いではないだろうけど。

しかし、僕がお金の勉強をしていて学んだのは、「お金は稼ごうとしないと稼げない」ということだ。「待っていればいつか誰かが評価してくれる」ではなく、戦略的に考え、頭脳的に行動しないと、大抵の場合はお金なんて稼げないのだ。

ただし、「お金の稼ぎ方」と言っても、学ぶべきことは人それぞれで、

  • 会社でずる賢く出世する方法
  • セールストークの知識
  • WEBマーケティングの知識

などなど、自分ができる仕事、これからやっていく仕事によって、学ぶべき知識が違うと知った。勘違いしないでほしいのは、「お金に詳しくなればお金を稼げるわけではない」ということ。

お金の稼ぎ方が上手になれば、お金の問題の大半は解決できるはず。多くの人が見逃している気がする「お金の稼ぎ方」、極めてみてはいかが?

お金の貯め方|貯められないのに増やせない

  • 初心者でも学べることがほとんど
  • 貯金こそ資産形成の第一歩
  • ある程度お金を稼げていることが前提

お金の勉強をしていると、やたらと「投資」に誘導される。おそらく、売上を上げやすい商品が充実していたり、人の興味を惹きやすいからなんだろうな、きっと。

でも、僕が「お金の貯め方」をしっかり勉強することをおすすめしたい。なぜなら、貯められないということは、「増やす原資がない」ということだから。

お金の貯め方を知るには、

  • 自分の経済状況を正しく判断する方法
  • 貯金術いろいろ
  • 節約のための情報収集

あたりが大事になると感じている。「お金の貯め方」は、「情報収集」がメインになることが多い。家計管理の方法なんて人それぞれなので、いろいろ調べて、実践して、「どれが自分に合うか」を見付けていく作業がメインになる。

経済状況を知るには、「家計簿をつける」と「資産と負債の状況を知る」あたりをする。

貯金術や節約術なんか、ネット上にもいろいろ書いてあるので、実践してみるといいと思う。

簡単な税金の知識|支払っている税金を知ろう

  • 支払っている税金を知る
  • 税金の使われ方を知る
  • 外国との比較も面白い

日本は、「源泉徴収」という素晴らしいシステムによって、大半の国民から「税金(主に所得税と住民税)」に関する興味を奪うことに成功しているように見える。

税金の知識をおすすめするのは、「税金に関心をもってもらい、政治に興味を持つ人を増やしたい」という思いもある。

僕は個人事業主として確定申告をするようになってから、税金がマジで嫌いになった。税金に興味を持つ国民が増えれば、日本の税金が、もっと国民にやさしいものになるかもしれないというわずかな希望を持ち、ここに「税金を学ぶこと」をおすすめしてみた次第である。

増えていく小銭
お金の勉強の仕方!初心者向け|本やセミナーや漫画などで学ぶ

初心者におすすめのお金の勉強方法を紹介。僕は10年以上お金の勉強をしてきたので、その経験を踏まえて。ちなみに、最初に書いておくと、お金の勉強は「読書」 ...

-お金の知識

Copyright© KentLog , 2019~2019 All Rights Reserved.