箇条書き乱用ブログ

KentLog

文鳥の雛への餌のあげ方|挿し餌の方法と一日の回数、ひとり餌の練習方法も

投稿日:2019年4月12日 更新日:

雛の餌

文鳥の雛への餌のあげ方を解説。文鳥の雛は、まだ自分で餌を食べることができないので、挿し餌をしてあげる必要がある。その点についてと、ひとり餌の練習方法まで、文鳥愛好家が、ペットショップの店員さんに教えてもらったことを基にまとめてみた。

文鳥の雛に餌をあげる為に用意する物

粟玉(皮むきタイプ)

  • 挿し餌用は皮むきタイプの粟玉
  • これをふやかして挿し餌する

ネクトンS|小鳥用のビタミン剤

  • 粟玉をふやかしたものに混ぜてあげる
  • なくてもいいらしいけど、あった方が安心

挿し餌用のポンプと容器

  • 文鳥の雛に餌をあげる時の必須アイテム
  • これを使って親鳥のように餌をあげる

文鳥の雛への餌のあげ方

  • 容器に粟玉を適量入れる(一羽分大さじ一杯より少な目くらいで足りる)
  • 容器に大さじ一杯程度のお湯を入れる(少し熱い方がふやかしやすい)
  • 5分くらい放置して粟玉をふやかす
  • 容器にビタミン剤を入れて溶かす(一羽分はほんの少しで十分)
  • お湯が熱ければ一肌くらいまで冷ます
  • ポンプを持ち、粟玉をザクザク突く(吸い込めるわけではない)
  • ポンプの中に粟玉とビタミン水が1cmくらい入ればとりあえずオッケー
  • 文鳥の雛が口を開けたら、注射の要領で口に入れる
  • それを数回繰り返す
  • 満腹になると差し出しても食べなくなるので、終了
大さじ一杯より少な目でも少し多いんだけど、ポンプに餌を入れるのが大変なので、少し多目に作ることをおすすめしておく。また、ふやかした餌は、余っていても一度全て捨ててしまい、次は新しい餌を作る。「もったいないから」という理由で再利用してはいけない。なぜなら、衛生的によくないから

文鳥の雛への挿し餌の一日の回数

  • 一日に2~4回程度
  • 個体差はある
  • 欲しがったらあげるスタンスでいい
ケントマン
文鳥の雛は、餌が欲しくなると、口を開けてやたら大きい鳴き声を出すので、あげるタイミングはわかりやすい

挿し餌と同時にひとり餌の練習も

  • ケージの中に乾いた粟玉も入れておく
  • ついでに皮つきの餌も入れておく
  • 飲み水も忘れずに
  • 粟穂を入れておいてもいい
ケージの中に大人用の餌も設置しておくと、いつの間にか自分ひとりで食べるようになっていく。生後3ヶ月いかないくらいにはだいたいひとり餌になるので、タイミングを見て設置しておこう

文鳥の雛|ひとり餌の練習方法

  • ひとり餌用の餌を設置
  • 挿し餌は欲しがる間は続ける
  • いつの間にか自分で餌を食べ始める
  • 挿し餌を欲しがる回数が減ってくる
  • 挿し餌をしてみても完全に食べなくなったら卒業
ペットショップで売られている文鳥の雛は、ある程度育っている。なので、挿し餌をする期間はそんなに長くない。ちなみに、ペットショップでは、ひとり餌になった鳥のことを「仕上がった」と言うらしい

文鳥の雛のひとり餌の練習で気を付けること

  • ふやかした餌をケージの中に放置しない
  • 粟穂は「おやつ」なので無理にあげる必要はない
成鳥への餌のあげ方の記事でも書いたけど、文鳥の主食は「文鳥の餌」として売られている皮つきの餌になる。文鳥は主食をメインに食べさせるべきなので、粟穂の設置しすぎは栄養バランスを崩す恐れがあるのだ

文鳥
文鳥を飼うのに必要な物|揃えるべきケージやヒーターや餌などを解説

文鳥を飼うのに必要な物を、文鳥愛好家がまとめて紹介。これから文鳥を飼い始める際の参考にでもなれば幸い。基本的には、ケージ(鳥かご)本体と中に設置するも ...

-文鳥の飼い方

スポンサーリンク

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.