箇条書き乱用ブログ

KentLog

文鳥の爪切りのやり方と頻度|爪を切るタイミングや必要な道具なども

投稿日:2019年4月16日 更新日:

文鳥の爪切り

文鳥の爪切りについて、文鳥愛好家が簡単に解説。必要な道具は爪切りのみ。あとは、気合いで文鳥を捕まえて、爪切りしやすいように持ち替え、血管を切らないように素早く爪切りして終了。爪切りが必要ない文鳥も中にはいるので、爪切りを必ずやらないといけないわけではない。様子を見て適度に爪切りしてあげよう。

文鳥の爪切り|必要な道具

  • 人間用の爪切りで問題ない
  • 小鳥用の爪切りニッパーなども一応ある

文鳥の爪切り|捕まえ方

  • 気合いで捕まえるしかない
  • ケージの中にいる時の方が楽
  • 放鳥している時は逃げるので難しい
ケントマン
自然にケージに入れられるなら、ケージに入ってもらってからの方が捕まえやすい。あんまり追いかけ回すのも可哀想だし

文鳥の爪切り|持ち方

  • 片手で優しく持つ
  • お腹を上に向けて持つ
  • 人差し指と中指で首辺りを軽く挟むと噛まれにくい
  • 持っている手の親指、人差し指、小指あたりを上手く使って足を押さえる
持ち方が悪いとやたら噛まれるので上手く爪切りができない。また、強く握っちゃダメ、絶対

文鳥の爪切り|やり方

  • 上記の方法で捕まえて、持つ
  • 爪切りで”ちょっとだけ”切る
  • 血管まで切らないように細心の注意が必要
切るのは本当にちょっとだけでいい。爪の中に血管が見えると思うので、そこまでは絶対に切らないように。切りすぎると出血するので危険

文鳥の爪切り|タイミング

  • 肩や手に乗った時にこちらが痛い
  • 布の上でやたら爪が引っ掛かっている
  • 床にとまった時に立ちづらそう
  • 止まり木に止まりづらそう
観察していて不具合が見付かった時に爪切りしてあげるといい

文鳥の爪切り|頻度

  • 爪の伸び方には個体差がある
  • 定期的に切る必要はない
  • 切るタイミングだと思った時だけ切る
僕の場合、1~2ヶ月に一回切ってた文鳥もいたし、一年に1~2回切っているかどうかくらいな文鳥もいた。頻度は決めないで、臨機応変に

文鳥の爪切り|必要性

  • 伸びすぎて生活しづらそうな文鳥は必要
  • 爪切りの必要がない文鳥もいる
個体差が大きいので、必要な文鳥は必要だし、不要な文鳥は不要。そもそもな話、野生の文鳥は爪切りなんてしないので、そこだけ考えれば不要な気もする。痛いから」など、ほぼ人間の都合で切っているだけ

文鳥の爪切り|注意点

  • 出血の恐れがあるので切りすぎないこと
  • 爪切りに集中しすぎるとめっちゃ噛まれてこっちが出血することもある
  • かなり嫌がっているのに無理に爪切りすると嫌われる場合がある
  • あんまり追いかけ回すのはよくない
  • 捕まれただけでショック死する文鳥もいるらしい
  • 小さい時から手に持たれることを慣れさせておくといい
文鳥はかなり臆病で繊細で、非常時には攻撃的になる小鳥。爪切りでは、その全ての特性が発揮されるので、かなり気を使う作業なのである

文鳥と病気
文鳥の元気がない時の対処法|ネットを見てないで動物病院に行こう

文鳥の元気がない時の対処法について、文鳥愛好家が素早く解説。そもそも、飼い主ができることなんてほぼないので、できるだけ早く動物病院に連れていくことが何 ...

-文鳥の飼い方

スポンサーリンク

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.