ロリポップのコンテンツキャッシュとキャッシュ系プラグインの併用

投稿日:

ロリポップのコンテンツキャッシュとキャッシュ系プラグイン

とりあえず併用しても問題はなかった

  • 「WP Fastest Cache」と「WP Super Cache」で実践
  • コンテンツキャッシュと併用しても問題はなかった
  • 併用しても表示速度の改善は見られなかった

ロリポップのコンテンツキャッシュは機能的に「ページキャッシュ」

  • 「WP Fastest Cache」のメイン機能もページキャッシュ
  • ブラウザキャッシュとHTMLなどの圧縮は役割が違う
  • つまり、コンテンツキャッシュと「WP Fastest Cache」などの併用はあまり意味がない
ロリポップのコンテンツキャッシュだけでは補えていない機能もあるので、そこを補完する意味で他のプラグインと併用する意義はある。ただし、ブラウザキャッシュやgzip圧縮はWordPressファイルに直接書き込むだけでも設定できる

>>WordPress高速化!重い原因と速くする方法の探し方

コンテンツキャッシュとキャッシュ系プラグインのどちらかを使うべき

コンテンツキャッシュを使う場合

  • 「Autoptimize」などでコード圧縮を有効化
  • ブラウザキャッシュはWordPressファイルに直接書き込む(ググればやり方出てきます)
  • ロリポップはデフォルトでgzip圧縮が有効なのでそこはオッケー
「WP Fastest Cache」や「WP Super Cache」を使うか、コンテンツキャッシュを使うかの二択と考えた方がわかりやすいと思う。個人的な検証結果としては、ロリポップのコンテンツキャッシュの方が表示速度向上が見られた。ただし、環境次第なので、検証してみるといい

キャッシュ系プラグインを使う場合

  • 「WP Fastest Cache」がおすすめ
  • ブラウザキャッシュやコード圧縮もこれ一つでできる
  • 設定はちゃんとしよう

>>WP Fastest Cacheの"正しい"設定方法 | Pasolack-パソラック-

-WordPress

Copyright© KentLog , 2019~2019 All Rights Reserved.