箇条書き乱用ブログ

KentLog

同棲するなら二人で共有する財布を作ると便利|生活費の管理が楽に

投稿日:2019年4月11日 更新日:

財布

同棲する際、二人で共有する財布を一つ作っておくと、生活費の折半や管理が楽になるのでおすすめ。ここでは、僕が実際にやっていた同棲時の共同財布の使い方などを簡単に解説する。当然ながら、それぞれ個人で使う財布は必要。

同棲する時の財布|共同財布の使い方

  • 毎月、二人で決めた金額を共同の財布に入れる
  • その財布で支払うと決めた生活費は中のお金で支払う
  • 月末などで締めてまたお金を入れ合う
「二人の為の生活費は共同の財布で支払う」というスタイル。共同の財布の中のお金を個人的な目的で使ったりすると、同棲解消のキッカケになるかもしれないので注意。不正は信頼関係の崩壊に繋がる

僕が同棲時に実際にやってた共有財布の使い方

  • 毎月15日に二人で二万円ずつ入金
  • 中のお金で食費と消耗品費を支払う
  • 余ったら締め日に余ってたら共同口座に貯金
  • また入金して生活費に使う
  • 以下、繰り返し
結婚してからもこのシステムは維持している。収入を折半し、こうやって管理した方が「不公平感」がないので、仲良く結婚生活を送れているような気がする

同棲する時の財布|支払うといい生活費

  • 二人の為の食費
  • 二人の為の日用消耗品費
  • 水道光熱費
個人的な外食代や飲み代は共同の財布から支払ってはダメ。あくまでも、「二人の為の生活費」に使う。水道光熱費に関しては、共同口座か共有のクレジットカードで支払ってもいい

同棲する時の財布|余ったお金の使い道

  • 翌月に繰り越す
  • 共同口座に貯金する
個人的には貯金を推奨する。ちなみに、足りなくなった場合は、どちらか余裕のある方が補填すればいい

共有する財布で支払った生活費の合計を計算しよう

  • レシートを貰うようにして、封筒か何かにまとめておく
  • 締め日になったら一ヶ月分を合計
  • メモ用紙かノートに月毎に記録しておく
別にやらなくてもいいんだけど、これをやっていると「あのスーパーを使ってる時の方が生活費が掛かってない!」などの発見があるので、何気に役に立つ

同棲しても個人の財布は絶対に必要!結婚するまでは家計は別々に

  • 同棲はあくまでも「他人同士の共同生活」
  • 必要な生活費の折半だけを行う
  • その他のお金は個人の自由
同棲は、結婚とは違う。一緒に住んではいるけど、必要なところだけ共有して、家計は別々の方がいい。その方が、変な男や女に引っ掛かる可能性を排除できるだろうし

クレジットカード
同棲とクレジットカード|共有する方法とおすすめのカード

同棲する際、二人で共有するクレジットカードを持っておくと便利になったりもする。ただし、同棲中はあくまでも「他人同士」なので、個人で使うクレジットカード ...

-恋愛ネタ

スポンサーリンク

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.