おすすめ情報をお届けするブログ

KentLog

【株式投資】ファンダメンタルズ分析の勉強ができるおすすめの本9選

投稿日:2019年1月23日 更新日:

book

株式投資の分析手法の一つ「ファンダメンタルズ分析」の勉強ができる本の中から、僕が実際に読んで「これはおすすめできる!」と思ったものを9冊紹介。
僕のように、「バリュー投資」に目覚め、企業分析・内在価値分析に興味を持った方におすすめしたい。

【ファンダメンタルズ分析】バリュー投資家の手法が勉強できるおすすめの本

株式投資の未来|ファンダメンタルズ分析の参考になる本

「実際のデータから答えを教えてくれる本」だったので、かなり参考になった。これは必読。どんな企業の株が利益をもたらしていたかを細かく教えてくれるので、ファンダメンタルズ分析の際にどこを見ればいいかの参考になった。
ついでに、これからの投資のヒントも書いてある。普通におすすめ。

株で富を築くバフェットの法則|僕がファンダメンタルズ分析に目覚めた本

世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資手法を研究した本。念の為に書いておくと、バフェットさん自身が書いたわけではない。
僕が株式投資の勉強をしているときに何となく購入した本だったが、その内容に衝撃を受けた。「今までやってたのは投資じゃなかったのか!」と思わせてくれるくらい衝撃。この本を読んでから、株式投資の本当の面白さを知った気がする(僕が読んだのは最新版じゃなかったけど)。
世界一の投資家の銘柄選びの基準、投資に対する姿勢などがわかりやすく書いてあるので、マジでおすすめ。

バフェットからの手紙|世界一のバリュー投資家からのメッセージがまとめられた本

これは、バークシャー社の「株主への手紙」をまとめた本。バフェットさん自身は本を書いていないので、バフェット自身の言葉が読める唯一の本と言える。難しいこともいろいろ書いてあるけど、バフェット投資にハマったなら読んでみることをおすすめしたい。

ピーター・リンチの株式投資の法則|バフェットとは違うファンダメンタルズ分析

「アメリカNo.1ファンドマネージャーの投資哲学」が勉強できる本。ピーター・リンチは「株で勝つ」という本の方が有名だけど、僕はこれしか読んでないので、これをおすすめする。
この人、分類的にはファンダメンタルズ分析をする投資家なんだけど、バフェットさんとはまた違った視点のことがたくさん書いてあるので面白かった。

賢明なる投資家|「ファンダメンタルズ分析の父」の本

「バフェットの師匠」と呼ばれるベンジャミン・グレアムさんの本。ベンジャミン・グレアムよりも前に、「ファンダメンタルズ分析」と呼べるような手法を用いて株式投資を行っていた投資家はいなかったらしいので、この人は「ファンダメンタルズの父」とも呼ばれているそうな。
古い本だし、「安全分析」に特化した投資家なので、バフェットよりも守りの戦略が多いとか何とか。
しかし、多くの投資家に影響を与えたであろう名著である。個人的には、バフェット理論だけでも十分な気はしてしまうが。

フィッシャーの「超」成長株投資|もう一人のバフェットの師匠の本

「もう一人のバフェットの師匠」と呼ばれるくらい、バフェットさんに大きな影響を与えたとされるフィリップ・A・フィッシャーさんの本。
僕みたいに「成長株」の概念が好きな人はハマると思う。ポートフォリオの組み方の話なんかも結構勉強になったので、普通におすすめの本。

ファンダメンタルズ分析に必要な「財務分析」を勉強できるおすすめの本

決算書の読み方が面白いほどわかる本|ファンダメンタルズ分析の基礎の基礎

簿記の知識がない時には必読かと。簿記の知識があっても、参考になることは意外と多かったけど。
上で紹介した投資家の本なんかは、決算書の読み方がわからないとそもそも理解するのが難しい部分も多い。なので、ファンダメンタルズ分析に目覚めたなら、まずはこういう本で基礎の勉強をしておくことをおすすめしたいところ。

証券アナリスト最短合格テキスト(財務分析)|専門的な財務分析の勉強ができる本

分析の専門家である「証券アナリスト」の参考書だけあって、必要な知識を詳しく勉強することができた。僕は証券アナリストの資格が取りたくてこの本を買ったけど、普通に株式投資に使える知識が満載だったので、ここでおすすめしておく。
普通の本には書いていないような財務分析の知識が勉強できるはず。

投資価値理論|企業の内在価値計算を勉強できる本

企業価値を数値化する「ディスカウント・キャッシュフロー・モデル」が勉強できる本。やたらと数式が多い本なので、シグマ計算などがわからないと読むのが疲れるだろう(僕は買った後で数式の勉強したけど)。

「企業の将来価値を算出し、それを現在価値に割り戻すことで、企業のだいたいの内在価値を計算する」的なディスカウント・キャッシュフロー・モデルの基本が学べる本。それで算出した内在価値の金額があれば、現在の株価が割安かどうか一目でわかるようになる。そんな手法を勉強できる本。

昔の本なので、ディスカウント・キャッシュフロー・モデルを勉強したいなら、新しい本を探した方がわかりやすいかも。そこまで強くはおすすめしないけど、一応おすすめしておく。

まとめ|ファンダメンタルズ分析の勉強におすすめの本

ここでおすすめした本以外にも良書はあるので、もっと勉強したい場合は探してみるといいかも。ただし、読めば読むだけいいというものでもないので、「たくさんの企業を自分で分析してみる」を実践した方がいいと僕は思う。
というか、ファンダメンタルズ分析は数をこなさないとなかなか身に付かないということを、経験から学んだ。

-投資

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.