箇条書き乱用ブログ

KentLog

ギター初心者は高いギターを買うべきか?趣味かプロ志望かで異なる

投稿日:2019年4月5日 更新日:

エレキギター

ギター初心者は高いギターを買うべきかについて、プロを目指す為にガチの音楽専門学校に通っていた僕が簡単に解説してみる。専門学校の先生には音楽のプロがたくさんいたので、その人たちから言われたアドバイスも交えながら。

ギター初心者は高いギターを買うべきなのか

趣味でギターを弾く
安いギターでも十分
プロを目指している
高いギターでもいい

趣味としてギターを選んだ初心者の場合

  • 挫折の可能性もあるので安いギターで十分
  • 趣味だけどライブしたい場合は高いギターでもいい
  • 形から入りたいなら高いギターでもいい

メモ

高いギターの方が何だかんだで弾きやすいし、音も良いので、趣味として続けるモチベーションにはなると思う。高いギターを持っていれば、ちょっとした自慢にもなるだろうし

プロを目指す為にギターを始める場合

  • 高いギターの方がモチベーションが上がる
  • 特にアコギは高いギターの方が弾きやすい
  • 結果、上達が早くなることは期待できる

メモ

やはり、音楽のプロである専門学校の先生も、「プロを目指すなら高いギターを持つべき」的なことを言っていた。いずれ高いギターを買うなら、安いギターはむしろ無駄遣いになってしまう可能性もある。それに、特にアコギの場合、安いギターだとネックが反りやすく、弾きにくくなることが多いという問題がある

初心者が高いギターを買うメリットとデメリット

メリット

  • モチベーションが上がるので上達が早くなるかも
  • 安物より弾きやすいので練習しやすい
  • 安物よりも音が良いので楽しい
  • 長年使えるギターになる可能性が高い
  • ライブやオーディションでもそのまま使える

メモ

高いギターは、高いだけあってそれなりの恩恵はあるということ。高いギターを持ってしまうと、安物のギターにはなかなか戻れなくなる

デメリット

  • お金が必要
  • 挫折した時にもったいない
  • 「こっちの方が良かった!」と後から気付いても遅い
  • 「アコギメイン→エレキメイン」のように方針転換した時の後悔がある

メモ

ギター初心者は、自分に合うギターがわからないもの。後から気付いても、買い換えにコストが掛かる。古いギターは中古品として売ることもできるけど、やはり損失は発生するのだ。その点、安物のギターはそういうリスクが少ないというメリットがある。挫折しても無駄遣い感がそこまで出ないし

高いギターブランドの例

エレキギターの場合

  • Gibson(ギブソン:言わずと知れた有名ブランド)
  • Fender(フェンダー:USAとJAPANでも結構違う)
  • Rickenbacker(リッケンバッカー:ビートルズで有名に)

アコギ(アコースティックギター)の場合

  • Martin(マーティン:マーチンと呼ぶ人もいる)
  • Gibson(ギブソン:高級アコギでも有名)
  • Taylor(テイラー:個人的に好き)

ブランドに固執しないことも大切

  • 高級ブランドでも安価なギターは出している
  • YAMAHAなどでも高級ギターはある
  • 自分に合ったギターを探すのが一番

メモ

情報に踊らされず、楽器屋で実際にいろいろ試奏したり、時には店員さんのアドバイスも受けながらじっくり選ぶといい。また、中古楽器店だと意外な掘り出し物に出会えたりもするので、行ってみるのも悪くない

-ギター

スポンサーリンク

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.