派遣のカラ求人|実害がある釣り広告の見分け方!実際の募集はない

更新日:

高所

派遣社員の求人募集に必ずと言っていいほど紛れている「カラ求人(釣り広告)」について簡単に解説。僕の経験上、本当に募集している広告を見付ける方が大変なくらい、派遣のカラ求人は多い。そして、確実に見分けることはかなり難しいという事実もある。

派遣のカラ求人|釣り広告とは

  • 求人サイトに掲載されているが実際の募集はない
  • 普通に考えれば詐欺的だが立証できない

メモ

派遣の求人では、常識のようにカラ求人(釣り広告)が蔓延している。しかも、実情は派遣会社にしかわからないという厄介な存在

派遣会社がカラ求人を出す理由と目的

  • 登録者数を増やして実績をアピールする為
  • 登録者を増やして見込みリストを増やす為
  • 広告を出して会社の知名度を上げる為
  • 釣られてきた人に別の求人を紹介する為

メモ

例えば、人気がない求人でも、派遣登録会の時に対面で紹介すれば、人によっては妥協して引き受けてくれることもある。とりあえず登録して貰えれば、求人の紹介をしやすくなる。そういう感じ

派遣のカラ求人|釣り広告の実害

  • 派遣会社まで行く交通費が無駄になる
  • 貴重な時間が無駄になる

メモ

派遣登録会で2時間以上消費する場合もあるし、ネットで検索した時間も含めると、かなりの損失。交通費の無駄を考慮してか、登録するとクオカードなどをくれる派遣会社もあったりする

派遣のカラ求人|釣り広告の見分け方

派遣やアルバイト求人サイトでの見分け方

  • 「勤務地多数!」は怪しい
  • 「職種いろいろ!」は怪しい
  • 常に掲載されている求人も怪しい
  • 楽そうな仕事なのに時給が高いのは怪しい
  • 書いてある仕事内容が具体的じゃないのは怪しい
  • 備考に「他にも職種いろいろ!」は怪しい

メモ

ただし、立証する手段はないので、あくまでも「怪しい」にしかならない。応募するなら、具体的な仕事内容が記載してあり、かつ、その仕事についてだけ書かれている求人がいいというのは、僕の経験からのアドバイス。それでも、釣りに引っ掛かる時は引っ掛かるんだけど

確実に見分けるにはこれしかない

実際に派遣登録してみる(そうしないと実態はマジでわからない)

派遣登録会での見分け方

  • 「応募された仕事は決まってしまいました」は怪しすぎる
  • 「人気の求人なので難しいかも・・・」も怪しすぎる
  • 面談で応募した仕事の話が出ないのは黒

メモ

僕の経験上、集団の登録会に行かされる=カラ求人というのが多かったように思う。まあ、登録して担当の人を口説き落とせば、たまにいい求人を出してくれることもあるので、実害だらけというわけでもないのが難しいところ。しかし、応募した求人が実在しないというのは、かなり悪質としか言いようがない

-アルバイト

Copyright© KentLog , 2019~2019 All Rights Reserved.