【失業保険】ハローワークのパソコンを使うだけでは求職実績にならなくなった

更新日:

ノートパソコンとメモ

以前までは、ハローワークに行き、パソコンで求人を検索し、受付でハンコをもらうだけで「求職活動をした」という実績になっていたし、僕もそれで失業保険を受け取ったこともある。

しかし、2018年の10月以降から、「ハローワークのパソコンで検索しただけじゃ、求職実績とは認めませんよ」という風にルールが変更されていた。これから失業給付を受け取ろうとしている方は、注意。

ハローワークのパソコンを使うだけでは求職実績にならない

雇用保険の失業給付(基礎給付)を受け取る為には、失業の認定日までに「求職活動をした」という実績が2回以上必要(自己都合退職は3回、会社都合は2回)。

つまり、以前までは、失業の認定日までに2~3回ハローワークに足を運べば、問題なく失業保険を受け取る資格を有することができたのだ。

2018年10月より前ならできた方法

  • ハローワークに行く
  • 受付でパソコンを借りる手続き
  • 30分くらいパソコンで求人を眺める
  • 「いいの無かったっすね~」という感じで受付に戻る
  • 受付の職員から書類にハンコをもらう

たったこれだけの作業で、「求職活動をした」ということにできた。確かに、ハローワークに行く手間はあるが、「すぐには働きたくないけど、失業保険はしっかり貰いたい」という人にとっては、最良の手段だったのだ。

「ハローワークで検索すればOK」というノウハウが溢れている

今でも、ネットで検索すれば上記のようなノウハウが溢れている。「失業保険を貰うのなんて簡単だぜ!」という勢いで(僕も別のブログで書いてた)。

しかし、2018年10月からルールが変わっているので、もうそのノウハウは役に立たない。そういう内容をブログなどに書いている方は、すぐに修正した方がいいかと。

なぜ失業保険を受け取るのに求職実績が必要なのか

雇用保険の失業給付は、「働きたいけど、仕事が見付からない」という失業者に与えるもの。そもそも、仕事を探していない人は「失業者」とカウントされないし。

だから、ちゃんと仕事を探そうとしているのか見極める為に、「求職実績」やら「失業の認定」やらが必要になるわけで。

本来の目的を考えるならば、今までが「甘すぎた」という解釈もできると思う。

まとめ|ハローワークのパソコンを使うだけでは求職実績にならなくなった

  • 2018年10月からルールが変わった
  • ハロワでパソコンを使うだけじゃ求職実績にならない
  • 冷静に考えれば妥当なルール変更
  • ゆとり仕様じゃなくなっただけ

まあ、「ハローワークのパソコンを使うだけでは求職実績にならなくなった」というだけの話なので、別の方法を取れば、失業の認定日を問題なく迎えることもできる。

「ハロワのパソコンを使うだけ」で失業保険を受け取ったことがある方にとっては、面倒な変更かもしれない。しかし、どうしようもないので、別の方法で「求職実績」を積み重ねるしかないのである。

求職実績の作り方
失業保険|求職実績の簡単な作り方!職業相談や派遣会社への登録など

まだ働きたくないけど、雇用保険の失業給付は受け取りたい。そんな時は、仕事を探している風に活動しながら、月に2~3回の「求職実績」を作り続ける必要がある ...

-転職と失業

Copyright© KentLog , 2019~2019 All Rights Reserved.