うざい訪問販売の断り方!すぐに撃退する方法を伝授

投稿日:

休日のくつろぎタイムなどに突然押し掛けてくる、うざい訪問販売。彼らを出来るだけスピーディーに断り、撃退する方法を提案。

うざい訪問販売を撃退する為の心得

  • 不用意に玄関を開けないこと
  • 訪問販売の人の話をまともに聞かないこと
  • 話を遮ってでも断ること
  • 隙を与えない断り方をすること
呼んでもいないのに、勝手に押し掛けてくる訪問販売。この時点で、まともに相手するだけ無駄である

うざい訪問販売の断り方・撃退方法

  • 間髪入れずに「営業ですか?」と聞く←大事
  • 出るのが面倒なら居留守を使う

訪問販売は「営業ですか?」ですぐ断れる

インターホンごし・玄関先でも使える断り方

    訪問販売っぽいスーツを着た人を確認
    「~のご案内で・・・」と言われる
    「営業ですか?」と聞く
    相手が「営業です」と答える
    「じゃあ、いらないです」で断れる
インターホンごしでも、これだけの会話で訪問販売を断ることができる

「営業ですか?」が有効である理由

  • 特定商取引法上、嘘を吐くことはできない
  • 訪問販売は「営業ですか?」と聞かれると「営業です」と答えるしかない
  • 「営業だ」とバレると断られても切り返すのが難しい
訪問販売は「~のお知らせ」や「~のご案内」など、「オレ、営業じゃないぞ風のアピール」をしてくるが、正体を暴けば断るのは簡単なのだ

「営業じゃありません」と言われた場合

  • ガチで電気設備の点検だったりする場合もある
  • 訪問販売じゃない場合は相手がちゃんと言ってくれる
  • 訪問販売が「営業じゃありません」と言ったら特定商取引法違反
営業なのに「営業じゃありません」と言ってしまったら、「不実告知」などに該当する可能性が高い。訪問販売している人たちも、その辺はよく理解し、警戒しているようだ

それでも訪問販売が帰らない場合

  • 「営業ですか?」で断っても帰らない強者
  • そういう人には「帰って下さい」と言う
  • それでも帰らないなら「不退去罪」に該当する可能性が高い
あまりにも酷いようなら、普通に警察呼べばいい。「帰れ」と言われて帰らない案件は、普通に警察沙汰にできるから。僕の経験上、そこまで酷い訪問販売に出くわしたことはないが

トラブルを避けたいなら居留守が一番

  • 悪質な訪問販売も確かにいるので、居留守が一番効果的
  • 物音を立てても「出なければ」何の問題もない
  • モニター付きインターホンが強い味方になる
上でも書いたけど、勝手に押し掛けてきた、うざい訪問販売相手にまともに対応する方が間違っている

モニター付きインターホンは後付けもできる

「ワイヤレステレビドアホン」のような商品も売られているので。防犯対策にもなるし、女性の一人暮らしでは特に重要じゃないかな。男も気を付けた方がいいけど

Amazon

ダミーの防犯カメラも役に立つかも

Amazon

「防犯カメラ作動中」というシールも貼っておくといいかも(付属しているダミーカメラもある)。悪質な訪問販売への対策にもなり得るが、人によっては見抜かれてしまう場合も

-一人暮らし

Copyright© KentLog , 2019~2019 All Rights Reserved.