流し読み情報ブログ

KentLog

ほぼ確実にお金を増やす方法!おすすめ3選

投稿日:2019年3月5日 更新日:

硬貨から草が生える

投資歴が10年以上ある個人投資家が、「ほぼ確実にお金を増やす方法」としておすすめできるものを3つ紹介する。ほぼ確実にお金を増やす方法とは、リスクが限りなくゼロに近い資産運用の手段のこと。

そもそも、投資における「リスク」とは、本当は「損をする可能性」ではなく、「リターンの振れ幅」のこと。簡単に言えば、「投資したら何が起こるかは統計上ザックリわかるけど、結果はぶっちゃけ運任せだよ」というのが、投資における「リスクがある」ということの意味。

つまり、「確実にお金を増やす方法」とは、「結果が決まっている(無リスク)投資」のこと。ただし、金融の世界で「確実」なんて僕はないと思っているので、あえて「ほぼ」と付けている。

ほぼ確実にお金を増やす方法(1)|日本国債投資

  • リスクの少ない投資先として有名
  • 簡単に言えば「日本にお金を貸す投資」
  • 支払われる金利が利益になる

「国債」という債券を買うことによって日本にお金を貸す投資。お金を貸すので、金利収入が得られる。満期になれば元本は返ってくる。それが国債投資。ちなみに、会社にお金を貸すのは「社債」。

国債は、時に「無リスク投資(リターンが確約されている投資)」に分類されることもある程、安全な投資先として知られている。国が利払いをできなくなることを「デフォルト」と呼ぶが、日本でそんなことが起きれば大ニュースになるくらいのもの。故に、安全性が高いとされる。

日本国債投資は、「ほぼ確実にお金を増やす方法」の大本命だけど、いかんせん利回りが悪い。預金金利と大差ないリターンしか得られないので、この超低金利時代では、そこまで魅力的な投資とは言えないという側面もある。

日本国債にはいくつか種類があり、個人投資家が買うなら「個人向け国債」が有名。その他、満期期間が違う国債もいろいろ売られていたり。

また、金利の支払いはないが、割引した価格で売られている国債もある。そのタイプの国債は、満期になると額面通りの金額が償還されるので、「額面金額-購入金額」が利益になる仕組み。

ちなみに、外国が発行している国債ももちろんあるが、それらは為替変動リスクに晒されるので、確実にお金を増やす方法とは呼べなくなる。国によって信用度に違いもあるし。

日本国債は、銀行やネット証券、店頭証券などを通して買うことができる。

ほぼ確実にお金を増やす方法(2)|定期預金

  • 普通預金よりも金利が高い
  • 銀行によって金利が違う
  • ネット銀行の方が金利が高い傾向がある

投資ではないけど、定期預金も「ほぼ確実にお金を増やす方法」の一つと言える。約束された金利が支払われない状況になったら、それも大問題だから。

定期預金は、簡単に言うと「この期間は、この預金は引き出しませんよ」と銀行に約束することで、普通預金よりも高い金利が受け取れる預金。

銀行は、顧客の預金を企業などに融資することで、世の中にお金を回している組織。その仕組みのためか、融資の財源を確保できる「定期預金」は、いつ引き出されるかわからない普通預金よりも金利が高いのだろう。

しかし、「普通預金よりは金利が高い」とは言っても、この超低金利時代では1%にも満たないので、100万円を一年間預金しても、1万円も増えない代物になっている。100万円預金して、一年間で1,000円増えればマシなレベル。

定期預金の金利は、銀行によって結構な違いがあるので、定期預金する銀行はしっかり選んだ方が、効率的にお金を増やすことができる。銀行によっては、個人向け国債よりも利回りがいいところもある。

ほぼ確実にお金を増やす方法(3)|普通預金

  • 銀行に預けておくだけ
  • お金を増やすことはあまり期待できない

紹介するまでもないだろうけど、これも「ほぼ確実にお金を増やす方法」に分類できるので、一応。普通預金は、普通預金口座にお金を入れておくだけのもの。これでも、一応金利は受け取れる。なので、「現金を家に隠しておくよりはお金が増える」程度のもの。そして、定期預金と同じで、普通預金の金利も銀行によって違う。

普通預金は、日本国債投資や定期預金よりも、「お金を増やす」という面ではもっと期待できない。ただし、やはり安全性は高いので、一応「ほぼ確実にお金を増やす方法」に分類してみた。

まとめ|ほぼ確実にお金を増やす方法

  • 日本国債
  • 定期預金
  • 普通預金

資産運用(投資)においては、「利益の期待値」と「損失の危険性」は表裏一体なので、「確実にお金を増やす方法」を求めると、利益の期待値も当然ながら小さくなってしまう。今後、社会情勢が変わり、金利が上昇すれば違うだろう。しかし、現在では、「確実」を求めると、たいしてお金を増やせないのである。

では、リスクの大きい投資がいいのかというと、そうでもない。やはり、「大きな利益が見込める」ということは、「大きく損する可能性もある」ということなので、結局は運任せになる。「ゼロサムゲーム」という言葉もあるくらいなので、「リスクが大きい=お金を増やせる」というわけでもない。

運良くずっと勝ち続けることができればいいだろうけど、多くの人は運が良くない。運が続いている人でも、確率の世界では既に吹き飛んでいて、いつかは現実に引き戻されるのが関の山である。

-お金を増やすには

スポンサーリンク

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.