お金の勉強におすすめの資格2選|FPと簿記の知識は役に立つ

更新日:

STUDY

資格の勉強をしつつ、お金の勉強にもなる資格を二つおすすめしてみる。資格を取得しない場合でも、勉強する価値のある資格。その知識自体が実生活の役に立つので、勉強するだけでもいいと思っている。僕も、資格は取ってないけど、知識だけそこそこある状態。

お金の勉強のためだけに資格の勉強をする場合、欲しい知識だけを勉強すればいいので、「3級」や「1級」などを特に気にしないで、流しで勉強することもできる。

お金の勉強になる「FP」の資格

「FP」とは何か

FPとは、「ファイナンシャル・プランナー」の略。ファイナンシャル・プランナーは、簡単に言うと「お金の専門家」になる。お金の専門家として、誰かのライフプランを実現すべく、資金計画を立てる人。それが、「ファイナンシャル・プランナー」というもの。

まあ、実際は保険の営業マン、保険の無料相談員などが取っている傾向が強い資格になっているが。もちろん、FPの特性を活かし、総合的にファイナンシャル・プランニングをしているFPもいるけれど。

FPの資格を勉強して学べること

本当にいろんなことを勉強するんだけど、一例を挙げると、以下のような知識。

  • 社会保障制度の理解
  • 生命保険など、各種保険の知識
  • 住宅ローンなどの知識
  • 資産運用の知識
  • 税金の知識
  • 不動産の知識

こんな感じで、お金にまつわることはだいたい勉強する。勉強しておくと自分の生活にも役に立つので、FPは「お金の勉強」としてはかなりおすすめ。変な金持ち本を読むよりも勉強になると僕は思っている。

また、「数学得意じゃないと難しいんじゃないの?」と思うかもしれないけど、意外と暗記することも多いので、その辺で理数系が苦戦することもあるし、計算系はそこまで難しくない印象。僕は完全なる理数系なので暗記系で苦戦してる。

ちなみに、「証券アナリスト」などに比べれば、数学の知識がそこまで必要じゃない資格だと感じている。証券アナリストは面白いけど難しい。

FPの勉強におすすめの本

正直なところ、FPの資格勉強用の参考書なら何でもいいと思っている。ここでは、僕が買った本を紹介しておく。読みやすいのでおすすめ。

ちなみに、資格を取るつもりはないのなら、「3級から」とこだわらずに、一気に1~3級の本をまとめ買いしてしまい、流し読みした方が勉強しやすい人もいるかも。僕はそっちのタイプ。

おすすめのFP3級の参考書

おすすめのFP2級の参考書

おすすめのFP1級の参考書

1級では参考書が二つに別れており、「タックスプランニング・不動産・相続・事業継承」と「ライフプランニング・資金計画・リスクマネジメント・金融資産運用」の二つになっている。僕はタイトル的に後者だけ買った。事業継承とかは勉強したことあるけど、あんまりハマらなかったし。

FPの資格を取得すると就職に役立つか

1級を取得していれば、保険会社、銀行、証券会社、不動産会社などで有利になるという話も。独立してFP業務を行っている人もいたりするので、使い方次第では就職面でも役に立つ資格と言えるかと。

ただし、実務経験も必要になるので、就職目的も持って勉強するなら、その辺の下調べはしっかりやっておいた方がいい。僕はお金の勉強目的でしかFPの勉強をしていないので、就職面にはあまり詳しくない。

お金の勉強になる「簿記」の資格

「簿記」とは何か

簿記とは、「帳簿記入」の略で、その名の通り、簿記を勉強すると帳簿(仕訳帳や、貸借対照表・損益計算書などの決算書類等)の書き方がわかるようになる。要は、会計の仕事で役に立つ資格ということ。

ちなみに、2級程度なら、高校生でも普通に取得できるレベルである。

簿記の資格を勉強して学べること

「帳簿の書き方」に尽きるんだけど、なぜこれがお金の勉強になるのかについて。

まず、簿記で学ぶのは「複式簿記」というもので、「収入と支出」に加え、「資産と負債」の概念が入ったもの。複式簿記では、簡単な家計簿とは違い、「収入があったことにより資産が増えた」「支出したことにより資産が減った」のような書き方をする。

これ、やってて思ったんだけど、「お金を読む力」を養うのに適している。取引で発生するお金の流れをしっかり記録するのが複式簿記なので、簿記の勉強は、お金を読む力を養うのに適していると感じたのだ。

簿記の勉強におすすめの本

正直、これも何でもいいと思うんだけど、僕が実際に買って読みやすかった参考書をおすすめしておく。使われている金額がかなり小さい数字なので、めちゃくちゃ分かりやすい参考書。

ちなみに、簿記の場合、「お金の勉強」目的で学ぶなら、3級だけでも十分だと思っている。2級以上は、就職に役立てたい人にだけおすすめする。

簿記の資格を取得して就職に役立つか

3級じゃ役に立たないと思う。こんなの、誰でも取れる。多くの人が持っている。2級以上なら、経理の仕事、会計事務などでの就職に役立つ可能性はある。1級は、税理士や会計士を目指す人が「当たり前」な感じで持っているけど、取得はなかなか難しいという情報も。

また、就職に活用しないにしても、たとえばフリーランスとして独立し、自分で帳簿をつける場合などにも役立つので、勉強しておいて損はしない資格の一つだと言える。

ちなみに、僕は株式投資をガチでやるためだけに勉強したので、3級すら持っていない。青色申告する時にもかなり役立っているけど。

古びた本たち
お金の勉強におすすめの本9選|経済学や金持ちのノウハウなどを学ぶ

二十歳の頃からお金の勉強に目覚め、無駄にお金の本を多読してきた僕が、マジでおすすめしたいマネー本を厳選して紹介。お金の本をたくさん読んできた中で、特に ...

-お金の知識

Copyright© KentLog , 2019~2019 All Rights Reserved.