雑記ブログと専門特化ブログ|両方経験してのメリットとデメリット

投稿日:2019年4月25日 更新日:

雑記?特化?

ジャンルを特に限定しないで書く「雑記ブログ」と、ジャンルを絞って書く「専門特化ブログ」では、どっちがいいのか。ここでは、両方経験した僕が、「ブログで稼ぐならどっちがいいか?」に焦点を合わせ、メリットとデメリットを交えながら解説していく。

雑記ブログのメリットとデメリット

メリット

  • 思わぬお宝キーワードが見付かることがある
  • 内部リンクを充実させやすい
  • 収益化ページを分散させやすい
  • 一つのブログで様々なジャンルから稼げる
  • 収益化の導線をいろいろ作れる
  • ブログ全体のアクセスを集めやすい
  • ネタ切れの心配がそこまでない
ケントマン
一周まわって雑記ブログに戻ってきたけど、「一つのサイトとしての強さ」という面では、やはり雑記ブログの方が強いと感じた

デメリット

  • ジャンルを分散しすぎるとまとまりのないブログになる
  • 特化ブログよりブログの回遊率が悪くなりやすい
  • サイト全体の収益力では特化ブログに負けやすい
  • トップページでキーワードを狙いにくい
  • いろいろ書きすぎると収益化が後回しになりやすい
  • 特化ブログより収益化の意識を持ちにくい
そこまでデメリットは感じてない。雑記ブログでも、ジャンルをある程度限定して深掘りすれば、「特化ブログの集合体のような雑記ブログ」も作れる。

専門特化ブログのメリットとデメリット

メリット

  • 収益化の導線を考えやすい
  • 収益化ページを作りやすい
  • ASPから声が掛かりやすい
  • クローズドASPに登録しやすい
  • 特単を提案してもらいやすい
  • サイトの回遊率が上がりやすい
  • キーワードを深掘りする能力が上がる
  • 当たれば少ない記事数・PVでもかなり稼げる
  • 当たれば「1PV=20円以上」もイケた
  • アドセンスの単価が高くなりやすい
SEO的に強いのかは正直よくわからない。キーワード単体で見ると、手持ちの雑記ブログに勝てない特化ブログもあるし。

デメリット

  • 不発に終わると時間の無駄になってしまう
  • ジャンル選定をミスっているとそもそも稼げない
  • 書けることが限定されてしまう
  • ネタ切れを起こしやすい
  • 収益化ページを分散しにくい
  • Google変動などで落ちると一気に収入がなくなるリスク
ケントマン
ちなみに、専門特化ブログでネタ切れを起こしても、サイト設計を見直して「完結型のサイト」として完成させるということもできる。

雑記ブログと専門特化ブログどっちがいいか

両方経験してみての見解

  • スピード勝負なら専門特化ブログ
  • 長く楽しく続けたいなら雑記ブログ
  • ぶっちゃけどっちでもいい
雑記にしか書けないような小さいテーマもたくさん出てくるだろう。だったら、「専門知識が豊富なジャンルは特化ブログ、特化ブログに分類できないことは雑記ブログに書く」という複数運営の方法もあり。

雑記も特化も経験した方がいい

  • 特化ブログを経験しないとジャンル深堀りの能力が身に付きにくい
  • 雑記ブログを運営していると思わぬ収益ポイントが見付かることがある
雑記ブログしか経験のない方には、「よく知っていて、稼げそうなジャンル」で専門特化ブログをやってみてほしい。すると、雑記ブログのサイト設計や収益化方法をかなり見直せるようになってくるから。

-ブログ運営

スポンサーリンク

Copyright© KentLog , 2019 All Rights Reserved.